プログラミング教育における4つの問題点と1つの誤解

プログラミング教育の問題点とは?

  • プログラミング教育が必修化…でも、子どもたちに勉強する時間はあるのだろうか?
  • 先生だってプログラミングなんて教えられるの?いろいろ問題点があるのでは…

2020年にプログラミング教育必修となりますが、問題点がたくさんあります。

勉強するものが増えますので、その分子どもたちの負担が増えますし、国語や算数といった既存の科目の勉強時間が減ってしまいます。

先生方もプログラミングを習ってきわけではありませんし、いったいどうやって教えていくのか…。過去に前例もなく、教えるためのノウハウもないはず。

いろいろと問題がありそうなプログラミング教育、どんな問題があるのか?調べてまとめてみました。

プログラミング教育の問題点

教師側が子どもたちにプログラミングを教えるためのノウハウが成熟していない

プログラミング教育はまだ前例のない教育内容になります。そのため、教師側にもプログラミング教育に関するノウハウはまだまだ成熟していないと言えます。

  • 教師側にプログラミングスキルがない。
  • 仮にプログラミングのスキルがあったとしても、教えるノウハウがない。

現役のエンジニアでも新入社員にプログラミングを教えるのはむずかしいです。10人に1人はまったく習得できないという人がいます。また、10年続けてもプログラミングがわからないという人もいます。

ITの現場でもプログラミングについてうまく教育できないのに、教師も生徒も完全に未経験の状態で教育できるのでしょうか?疑問に思います。

既存の教育科目の勉強時間が減る、基礎学力低下の可能性

今勉強している内容に、プログラミング教育を加えます。勉強時間の総量は変わりませんので、既存の教育科目の勉強時間が減ってしまうことになります。

既存の教育科目の勉強時間が減ると、基礎学力低下につながる可能性があります。

プログラミング教育環境の未整備、予算不足

現役エンジニアの多くが体感していることですが、プログラミングは学文というよりは実技です。

プログラミングを学ぶためにはパソコンやタブレットといった端末があることが望ましいです。

ですが、すべての小学校で設備を整えるのは予算的にむずかしいでしょう。

文部科学省の調査によると、東京都では教育用コンピュータは1台あたり5.2人で使うことになるという結果が出ています。全国平均でも1台たり5.4人で、環境が不足していることがわかります。

文部科学省による東京都の教育用パソコン1台あたりの生徒数

文部科学省による東京都の教育用パソコン1台あたりの生徒数

出典:学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果 | 文部科学省

学校の授業であれば複数の生徒で使いまわしで良いでしょう。ですが、将来役に立つプログラミングを学ぶのであれば環境は不足していると言えます。

ITリテラシー・情報リテラシーが未熟な子どもたちによるインターネット利用の危険性

現代はコンピュータなしで仕事をするのはむずかしいような状況です。子供のうちからプログラミング・パソコンに触れておくのは大変良いことであると考えます。

ITの現場では10年続けてもプログラミングができないというエンジニアもいます。小さいうちからプログラミングに触れて抵抗を無くしておくことが大切です。ですが、パソコンには悪い面もたくさん持っています。

たとえばインターネット。わからないことは調べればなんでもわかる便利なツールですが、

  • SNSでの炎上やいじめ
  • 違法なwebサイト
  • エッチなwebサイト

…などなど、事件・事故、子供の成長に悪影響を与えてしまうコンテンツに近づけるといった危険な面もあります。

プログラミング教育は実施しますが、子どもたちにIT・情報リテラシーが不足しているという問題を抱えています。

多種多様なプログラミング言語…変化も早く学校の勉強では追いつけない?

一部で誤解されていることがあるようですが、

プログラミングって言語がたくさんあって1つだけ学んでも意味がないんでしょ?

という疑問。これに対するエンジニアの回答は、

はるき

意味がないということはないです。大切なのは基礎・基本です。言語の違いは仕様の違いでしかなく言語が変わっても習得に時間はかからないんです。つまり、プログラミング教育でしっかり基礎・基本を学ぶことができれば将来役に立つ可能性は高いということになります。

これからプログラミングを勉強しようとする人、会社に入ってくる新入社員などに本当によく聞かれる質問があります。

プログラミング言語は何を勉強するのが良いのでしょうか?

という質問。これに対するエンジニアの回答は、

はるき

C言語です。絶対にPHPやRuby、Python、javascriptといった言語から始めないでください!

はっきり言ってC言語で作れるアプリケーションなんてものは今の時代ほとんど存在しません。ゼロといっても過言ではないです。プログラミングの仕事はPHP、Ruby、Python、javascriptの案件は多いです。

それなのになぜC言語を学ぶべきなのか?理由は、

  1. 覚える事が少ない。
  2. プログラミングの本質に触れる。
  3. コンピュータの理解が深まる。
  4. すべての言語はC言語の派生のようなもの。他言語の習得が容易になる。

C言語はプログラミングの基礎であり、基礎をしっかり習得できればその上位の言語も習得がしやすくなります。

遠回りしているように見えるかもしれませんが、基礎を習得することがもっとも効果の高い学習であり、近道です。

ゆえに、子どもたちのプログラミング教育では学ぶプログラミング言語については問題ではなく、大切なのはプログラミングの本質に触れているかどうかということになります。

まとめ

以上のことをまとめると下記の通りです。

  • 先生が子どもたちにプログラミングを教えるためのノウハウがない
  • 既存の教育科目の勉強時間が減るため、基礎学力が低下する可能性がある
  • プログラミング教育をするにも環境整備が追いついていない
  • 子供の頃からパソコンに触れるのは良いが、インターネットの危険な面にも近づくことになる
  • プログラミングは言語の習得よりもプログラミングの本質を理解することが大切

子どもたちの視点で一番問題だと思えるのは、インターネットなど危険な側面に触れてしまう可能性があるということかもしれません。

ペアレンタルコントロールなどで子どもたちの利用を制限したとしても、パソコン・コンピュータの知識が深まれば簡単に解除したり回避する方法を考えつくようになります。

私も子供を持つ親として心配なのが、SNSで顔や住所といった個人情報を軽々しく晒したり、

◯◯に爆◯を仕掛けました!◯◯さんを◯します!

といった不適切な発言で炎上、警察沙汰になったりしないかと不安になります。

とはいえ、これから先の時代、コンピュータが得意であることは学歴以上に就職に有利に働くでしょう。