プログラミング教育に関する3つの嘘!国家資格保有エンジニアが解説

プログラミング教育の嘘

  • プログラミング教育が必修になる?国語や算数の仲間に加わるなんて…でしょ?
  • プログラミングには向き不向きがあるって聞いて不安なんだけど…

プログラミング教育についてはさまざまなウワサが飛び交っています。

プログラミング教育が必修化となりますが、具体的に何をやるのかはっきりしていません。今後の将来展望もまだまだ見えません。

ですが、調べていくうちにプログラミング教育に関する嘘・本当が見えてきました。今回は調べた内容についてまとめてみます。

プログラミング教育に関する嘘

プログラミングには向き・不向きがあるというのは嘘、という嘘

プログラミング 嘘』で検索すると、検索結果のトップにYoutubeの動画が表示されます。


私は情報処理の国家資格を複数保有しており、エンジニア歴は10年以上、今までに多くのエンジニアを育ててきました。

その経験から言えることなのですが…

  • 10人に1人はどれだけ勉強してもプログラミングを習得できない。
  • 10年以上エンジニアをやっていてもプログラミングできない人がいる。

上記が理由でエンジニアを辞めていった人を今までに何人も見てきました。涙を流した人もたくさんいました。

どんな仕事・勉強でも言えることですが、向き不向きはあります。理屈ではないんです。

ですが、なぜプログラミングがどれだけ勉強しても習得できなかったのか?ということを紐解いていくと、

ポイント
プログラミングはある程度の年齢までに学習しておかないと、習得できなくなる

という背景があると感じています。こういった背景事情があるため、小学校といった低学年のうちからプログラミング教育を子どもたちに施していこうということなのでしょう。

たとえば、英語は7歳までに習得すればネイティブレベルに近い英語力になり、17歳以降に勉強を始めるとネイティブレベルになるのは困難という調査結果があります。

年齢と言語(英語)学習の関連

年齢と言語(英語)学習の関連

出典:Critical period effects in second language learning: The influence of maturational state on the acquisition of English as a second language

英語の学習と似たようなことがプログラミングの学習でも言えるのです。もしプログラミング向き不向きがないと言うならば、それは小学校でみんながプログラミングについて正しく学習した場合でしょう。

これもまた私の実体験なのですが…

  • 理系出身は情報学部・学科卒でなくても容易にプログラミングを習得できる
  • 文系出身だとプログラミングで挫折する傾向がある。
  • 文系出身でもパソコンに強い人だと容易にプログラミングを習得できる。
  • 数学やパソコンに関心がない方はプログラミングで挫折する傾向がある。

簡単にまとめると、

  • 数学的な思考ができる方のほうがプログラミングの習得が容易な傾向がある。
  • コンピュータに関心が強い方ほどプログラミングの習得が容易な傾向がある。

ということです。事実として、どれだけ勉強してもプログラミングを習得することができない人がいるので、プログラミングに向き不向きはある、という結論です。

はるき

私の身近にもプログラミングができないエンジニアがいて一緒に仕事していますが、何度教えても覚えてくれません。彼は『教えてもらう』のではなく『代わりにやってもらう』ことしかできないのです。

プログラミングは国語や算数の仲間、教科として加わるというのは嘘

プログラミング教育が国語や算数の仲間入りすると思われている方もいるようなのですが、これはです。

プログラミング教育は教科ではありません。そもそも教科とは何か?文部科学省の資料には下記のようにあります。

小学校の教育課程は,国語,社会,算数,理科,生活,音楽,図画工作,家庭,体育及び外国語の各教科(以下この節において「各教科」という。),特別の教科である道徳,外国語活動,総合的な学習の時間並びに特別活動によつて編成するものとする。

引用:小学校学習指導要領 | 文部科学省

プログラミング教育は上記引用文の中で言うところ、『総合的な学習時間並びに特別活動』に含まれます。つまり、特別教科という位置づけです。

大学受験の入試に加わるというのは嘘

『プログラミング 大学入試』で検索すると、2025年に大学入試に加わると断言される人も見かけたりします。

ですが正しくは、

各大学の入試試験に、プログラミング・『情報Ⅰ』を追加することを検討。

つまり、検討段階です。2025年に全大学の大学入試でプログラミングが追加されるというわけではありません。つまりは嘘ということ。

まとめ

以上のことをまとめますと下記の通りです。

  • プログラミングには向き不向きはない、というのは嘘
  • プログラミングが教科に加わるというのは嘘
  • プログラミングが2025年に全大学の入試に加わるというのは嘘

この中で気になるのはプログラミンの向き不向きについてです。Youtubeの動画を見て、

なんだ、プログラミングに向き不向きはないのか、簡単そう、いつ勉強してもいいか

と考えてしまうのは危険です。将来的にプログラミングやパソコンを使う機会が現時点ではなかったとしても、低学年のうちにプログラミングの基礎・基本だけは身につけておいたほうが良いです。